P.T.の影響を受けている『Evil Inside』北米ストアで配信開始

ゲームの概要・感想

北米ストアで『Evil Inside』($12.99)が配信開始されました。
伝説的なゲーム『P.T.』の影響を色濃く受けているゲームです。

『P.T.』みたいなゲーム

「『Evil Inside』は『P.T』のフォロワー」とだけ言えば説明は十分なくらい。「影響を受けている」という程度ではなく、パロディゲームみたいに意図的に似せています。
『P.T.』をプレイした人なら、「っぽいな」という気持ちでニヤッとできるところはある。
未プレイの人も動画を見れば、雰囲気や構造が似ているのはわかるはず。

PS4 P.T. クリア動画

『P.T.』と似た感じの家をループして、脱出を目指すゲーム。
オブジェクトを調べたり、部屋に入ることがスイッチとなっており、道が開ける。

海外ホラーらしいと言いますか、ジャンプスケアが多めに感じました。静かなところに急にワッ!とビックリさせるアレです。
怖がらせ方としては安易でセンスに欠けますが、実況動画などではリアクションしやすいでしょうね。

PS5らしさはありません。ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーには対応していない。
ヘッドホンでのプレイが推奨されており、音の怖さはあります。と言っても、急にビックリさせられる怖さですけどね。

残念ながら日本語には未対応。
テキストが少ないゲームなので、そこまで困らないですけどね。

1周でプラチナトロフィー獲得

普通に1周クリアしたらプラチナトロフィーが獲得できました。
難易度は易しめです。初見で1時間程度、2周目は30分未満でクリアできました。『P.T.』のような深い謎はなさそうです。
取り逃すトロフィーがあるのかは不明。

Evil Inside プラチナトロフィー攻略 PS5&PS4

$12.99で『P.T.』っぽいゲームの雰囲気を楽しみつつプラチナトロフィーも獲得できて、満足度はそこそこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました